インターンシップの種類と選び方

一口にインターンシップと言っても様々な種類がありどれが自分にとって最適なのかわからないですよね。今回の記事は「インターンに参加した方がいいのはなんとなくわかるけど、どうしたらいいのかわからない」「インターンに種類があるってどういうこと?今更聞けない…」といった方に向けて、インターンシップの種類や自分に合うインターンシップを選ぶ方法について詳しく説明していきます。ぜひ参考にしてください。

1インターンの種類

インターンシップの種類には様々ありますが、日数によって種類を区別する事がほとんどで、それらは大きく3種類に分類する事ができます。
・1dayインターンシップ
・中期インターンシップ
・長期インターンシップ
目的によって自分にとって最適なインターンシップは異なりますので、自分の目的に合わせたものを選ぶ土台としてしっかり理解しておきましょう。

1dayインターンシップ

1日限りのインターンシップになります。実際に働くというよりも幅広く業界や会社について知りたい学生さんに向いているインターンシップです。 会社についての説明がメインで、簡単なグループワークが行われることもありますが、時間が限られていることもありセミナーや企業説明会の要素が強いです。いわゆる業務体験のようなものを想像していると拍子抜けしてしまうかもしれません。しかし、中には1dayインターンシップへの参加を中期インターンシップに参加するための条件にしている企業もあるため、注意が必要です。

中期インターンシップ

数日〜2週間ほどで開催されるインターンシップになります。企画開発や新規事業立案など、企業から出された課題に取り組み、グループワークなどを行っていきます。長期インターンシップに参加する余裕はないけれど、就活前に働くことについて理解したい人やどの職種で働きたいのかが決まっていない人向けとなります。具体的な内容として「〇〇(実際の商品)をヒットさせるための具体的な施策を提案しなさい」という課題を元に少人数でグループを組み、指定の期間内に問題解決を試みるケースなどがあります。 中期インターンシップへの参加は、基本的に選考をする企業が多く、エントリーシートや複数回の選考を経ての参加決定となります。最近では動画を使用した選考も増えているようです。こちらはセミナー型や企業説明会型が多い1dayインターンシップとは違い、採用に直結する場合もありますので「選考過程」だと考え気を引き締めて挑みましょう。

長期インターンシップ

2週間〜1年以上のインターンシップで、実際に企業で社員さんと働きます。こちらは有給となり、時給が発生するケースがほとんどです。開催している企業はベンチャー企業が中心で、特徴として大学1年生次から参加することができます。むしろ1〜2年生だと歓迎されるケースが多いです。勿論、企業によっては大学4年生次からの参加も可能な場合もありますので、担当者に聞いてみましょう。こちらは就業体験と給料の両方を得ることができるためアルバイトをせず、学校外の時間をインターンシップに充てている人もいます。長期インターンシップの大きな特徴は、外からではわからない会社の内情を知ることができる点や、企業によっては直接経営陣と話をする機会を得られる事です。長期インターンシップの場合も、採用に繋がるケースもあります。

さて、ここまでは日数で区切ってインターンシップの種類を紹介してきましたが、最近では新たなインターンシップが増えています。

オンラインインターンシップ

近年増えているタイプのインターンシップです。実際に企業に行くのではなく自宅からパソコンやスマートフォンを使用して参加します。最近では採用自体もオンラインで完結する企業や最終面接以外はオンライン面接で行う企業など採用のWEB化に取り組む企業が多く見受けられます。オンラインインターンシップのメリットとして、自宅と企業の所在地が遠くても参加が容易であるため、地方からでも参加できることや時間的余裕を持ちやすい点、お財布を圧迫してくる交通費がかからないという点があります。逆にデメリットとして地方から参加できるようになる分、大手企業の倍率は高くなる可能性があります。また、実際にオフィスを訪問できなかったり、人事以外の人との接触の機会がないためリアルな社風や雰囲気がわかりづらいという部分があります。

2企業がインターンを行う理由

ではそもそもなぜ企業はインターンシップを行うのでしょうか。主な理由は二つあります。

①人材のミスマッチを回避するため

採用の際に企業側が恐れることとして、採用のミスマッチが挙げられます。採用のミスマッチが起こる大きな原因は、採用側、学生側双方がお互いへの理解を深めていないことです。しかし、インターンシップを通して一定期間働いてもらうことでその学生が本当に会社にマッチする人材なのか判断することが可能になります。一方、学生にとっても、実際に社員と一緒に働いてみる事で、自分がこの企業に合っているのか、そしてこの会社で本当に働きたいのかを考える良い材料を得る事ができます。

②企業の広報活動のため

知名度が低い企業の中には、会社を知ってもらえない事を理由に新卒採用に苦戦するパターンがあります。しかしインターンシップを実施することで企業の事を知ってもらえる機会が増えますし、他社にはない自社の魅力を伝えることができ、結果として志望度を上げてもらうこともできます。また、企業の中には新卒採用だけでは獲得できないような優秀な人材をインターンを通して確保することができるケースもあります。

3自分にあったインターンシップを選ぶ方法

インターンシップは実際の就職活動と同様に、自分にあったものに参加することが重要です。例えば、企画開発を体験できるインターンに参加したいのに1dayインターンシップに参加したのでは本来やりたかったものと異なり、消化不良になってしまうかもしれません。また、長期インターンシップになると、責任を持って仕事に取り組む必要があります。そんな中、インターンシップを開催している企業は増加傾向にあり、何が自分に合うものなのか判断するのが難しくなってきています。そこでどこに注目して探せば良いのか、いくつかの方法をご紹介します。

興味のある業界や職種から探す

①業界で探す
興味のある業界が既にあるのであればそこから探してみましょう。興味のある企業がインターンシップを開催していなかったり、募集人数が少ない場合は、同じ業界の企業実施しているインターンシップを探すと良いでしょう。同じ業界のインターンシップであれば仕事内容が似ていたり、その業界への理解を深めることもできるからです。同業他社を比べることで今後の業界の展開や課題が見えてきて就職活動にも役に立ちます。また興味のある業界がないのであれば、好きな商品や趣味から考えてみることもできます。例えば車が好きなら車業界、メイクが好きなら化粧品業界などです。実際にインターンシップに参加してみることで仕事として関わっていきたいかどうかを考えることができます。

②業種から探す
職種から選ぶ時は将来やりたい仕事やスキルから逆算してみましょう。例えばプログラミングスキルを身に付けたいならエンジニア、コミュニケーション能力や人間力を上げたいなら営業などです。また興味のあることや得意なことからも考えることができます。新しいものを作ることが好きなら新規事業開発、サークルでイベントの企画を任されていたのなら企画開発、といった選び方です。それでも難しいという場合はまずは人気のある職種をみてみるのも良いでしょう。

実施期間から探す

もう一つの決め方として実施期間から探すこともできます。期間は1日から1年以上のものまで幅広くあります。色々な業界や職種を幅広くみたいのであれば短期のインターンシップに参加して様々な業界や業種への理解を深めつつ、興味のある仕事を見つけましょう。
「私はじっくり仕事を体験したいんだ」という人には長期インターンシップがおすすめです。参加日数は多くなりますが、業界や仕事についてしっかり学べますし、社会人になってから必要な基礎的なスキルを身に付けることができます。また、実際の業務を体験できるため、一つの仕事について詳しい知識を得ることもできます。

プログラム内容で選ぶ

興味のある業界や企業が特にない人でインターンシップで得たいものが決まっている人はプログラムから選んでみましょう。その際、最終的にどのような情報やスキルを得たいのかイメージしてから考えると良いでしょう。

実際の仕事中の姿や働く場所を確認したい
「仕事の雰囲気をつかみたい」「仕事について全く想像できない」という人には業務体験、現場に付随できるものを選んでみると良いでしょう。製品の企画から開発までを体験するプログラムや、営業職であれば実際にクライアントへの訪問と提案に同行できるインターンなどがあります。このタイプのインターンの場合は、実際に仕事が行われている現場に行くことができるか確認しましょう。

プロジェクトやグループワークを通して仕事の擬似体験をしたい
架空のプロジェクトや課題を作りグループワークで解決に向けた活動をしていくなど、仕事の擬似体験をできるインターンシップもあります。例えばマーケティングについて学びながらその知識を使って新サービスの考案や商品の販売施策提案などをするものやプレゼンを繰り返し行いスキルを上げていくもの、インタビューを繰り返していきリサーチを行っていく内容のインターンシップもあります。

4インターンの探し方

では、どのようにしてインターンシップを調べれば良いのでしょうか。効率よく調べないと意外に時間がかかってしまうフェーズなので、計画的に行う事をおすすめします。

マイナビなどの就活サイト

いろいろな企業から探したいという方は就活サイトをおすすめします。理由としては多くの企業を取り扱っているという点や、実施期間、業種や企業の特徴ごとに検索の時点で絞り込むことが可能だからです。また、フリーワードで検索することも可能であり、企業を一覧でみることが可能なため一つ一つ比べる手間を省くことができます。

合同企業説明会

合同企業説明会でインターンを行っている企業を探してみるのも一つの手です。合同企業説明会の強みは実際に社員から直接話を聞くことができるため、より社風や雰囲気を感じることができる点です。またその場で質問をすることも可能なため、ピンポイントで疑問に感じているところを解決することができます。さらにスカウト型の説明会も開催されている説明会もあり、自分では想定していなかった企業と出会うこともできます。

企業ホームページ

すでに気になっている企業がある場合は企業ホームページをチェックしてみるのも有効です。特に少人数開催のインターンの場合は就活サイトには掲載されていないケースもありますので、情報が就活サイトで見つからない場合は直接検索してみましょう。

学校のキャリアセンター

キャリアセンターは大学就活課や就職センターと呼ばれていることもあります。過去の先輩がどのような企業を受けてきたのかや面接でどんなことについて話したのか、ESなどの情報が残されていることもありますので要チェックです。実際に気になる企業のインターンシップに参加した先輩からお話を聞く機会や、先生方に相談することもできますので確認してみて損はありません。

5さいごに

インターンシップには短期、中期、長期のものがあることやプログラム内容にもそれぞれ特徴があることなどについて解説してきましたが、理解は深まりましたか?企業側からしても採用のミスマッチを防ぐ効果があるなど、様々なメリットがあるため、今後積極的にインターンシップを開催する企業は増えていくことでしょう。しかしそうなると、どのインターンシップが自分にとって有効なものになるのか選択することがより難しくなります。検索が絞り込める就活サイトや大学のキャリアセンターに相談してみるのも堅実な選択です。ぜひ、今回紹介した情報をもとに有意義なインターンシップを見つけてください!